腫瘍(がん)について

近年、パートナーの寿命が格段に延びたことにより、腫瘍の発生頻度がとても多くなってきました。
腫瘍のうち、悪性腫瘍(がん)の場合、再発や転移を起こしやすいため、早期の発見・治療が重要となります。また、良性腫瘍の場合でも、大きくなりすぎて他臓器に影響がある場合は、取り除くこともあります。
このような腫瘍は、レントゲンやエコー検査、血液検査などで初めて見つかることが非常に多いものです。そのため当院では「定期的な健康診断」を受けられることをおすすめしております。
健康診断に関しては随時受け付けていますのでご相談ください。

腫瘍の一般的な検査


一般診察

飼い主さまからお話を伺い、いつ頃から出来始めどのくらいの速さで大きくなっているかを把握し、聴診・視診など、通常の診察から分かる他の異常を判断します。

レントゲン検査

腫瘍の大きさや転移等の異常を画像的に検査します。

超音波検査

腫瘍の大きさや血流、各種臓器やリンパ節への転移を確認します。

血液検査

腫瘍に関連した異常を見つけるとともに、貧血や炎症の有無、腎臓、肝臓の状態と血糖値や栄養状態、電解質のバランス等を検査します。


クリニック概要

読み込み中…

とも動物病院

〒220-0071 神奈川県横浜市西区浅間台1-9

TEL:045-314-3710

診療時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:木曜・日曜午後・祝日午後

駐車場について


Menu
診療内容
ワクチン
ワクチン
フィラリア症
ノミ・ダニ感染症
一般内科
一般外科
循環器
腫瘍
院内紹介
設備紹介
スタッフ紹介
トリミング
ペットホテル
ブログ

DVMsどうぶつ医療センター横浜(夜間休憩時はこちらへ)

アイペットペット保険対応動物病院

アイペット

患者の気持ち