フィラリア症について

フィラリアは蚊が媒介する寄生虫です。フィラリアをもっている蚊がわんちゃん・ねこちゃんを吸血することで体内にフィラリアが入ってきます。体内に入ったフィラリアは最終的に心臓で成虫となりそこで赤ちゃん(ミクロフィラリア)を生みます。

フィラリアの赤ちゃんは血管の中を流れて、蚊に吸われまた他のわんちゃん・ねこちゃんに寄生するのを待ちます。


フィラリアに感染すると?

感染後すぐは症状がなく、数年経ってから症状が出ることが多いです。
症状としては、

  • 咳が出る
  • 何となく元気がない、お散歩に行きたがらない
  • お腹が膨らんできた(腹水が溜まるため)
  • 倒れる
  • 赤い尿をするようになった  などなど

以上のような症状が出るようになるとフィラリア症の末期の状態です。症状を放置した場合、フィラリア症により亡くなってしまう可能性が高いです。こうなる前に、フィラリア薬による予防を行うことが重要です。


予防法は?

現在、フィラリア薬にはいろいろな種類のものがあります。

経口薬(錠剤、チュアブル)

チュアブルはおやつの様な飲み薬です。ひと月一回お薬を飲む予防方法です。

注射

一年に一度の注射ですむ予防方法です。毎月のお薬の与え忘れを防ぐことが出来ます。

スポットオンタイプ

背中に薬剤をつけるタイプの予防薬です。飲み薬が飲めない子におすすめです。
ねこちゃんには注射薬はありません。

その子その子にあった予防方法を選択することができますので、詳しくはご相談ください。

ストレスがかからない予防方法を考えましょう。


クリニック概要

読み込み中…

とも動物病院

〒220-0071 神奈川県横浜市西区浅間台1-9

TEL:045-314-3710

診療時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:木曜・日曜午後・祝日午後

駐車場について


Menu
診療内容
ワクチン
ワクチン
フィラリア症
ノミ・ダニ感染症
一般内科
一般外科
循環器
腫瘍
院内紹介
設備紹介
スタッフ紹介
トリミング
ペットホテル
ブログ

DVMsどうぶつ医療センター横浜(夜間休憩時はこちらへ)

アイペットペット保険対応動物病院

アイペット

患者の気持ち