設備紹介

とも動物病院の院内に設置している設備についてご紹介します。

レントゲン透視装置

レントゲン透視装置

レントゲンは写真のようにその時の体の中の状態をみますが、透視装置があると呼吸状態や咳をした時ののどの状態、飲み込むときの食道の状態など臓器の動きが動画として見れます。
また造影剤を用いることにより異常な血管(動脈管開存症、門脈シャント等)を見つけることができます。


デジタルレントゲン装置(CR)

以前はフィルムを使用したレントゲンでしたが、近年はデジタル化されデータとして画像が記録されるようになりました。
当院は診察室で撮影した画像が見れるようになっています。


超音波検査装置

病気の動物の体の中をリアルタイムで見ることが出来ます。
レントゲンのように被ばくすることがなく動物に対する負担が少ない検査です。
簡単な超音波検査は飼い主様に動物をささえてもらい検査しますのですぐに結果をお見せできます。
詳細な検査はお預かりして診察時間外に行います。


顕微鏡

皮膚や便の中の細菌や寄生虫、腫瘍細胞、血液細胞を見ることができる装置です。
当院ではモニターを使い飼い主様に直に見ていただくことができます。


全血球検査機器

動物の血液の成分の中で白血球・赤血球・血小板の数を計る機械になります。
当院の検査機器は犬猫だけでなくウサギ・フェレット・ラット・マウス等の測定ができます。


血液生化学検査機器

動物の血液から分かる血糖値、肝臓・腎臓等の内臓の異常をチェックする機械になります。
検査時間としては5分~10分と短時間で測れます。


生体モニター

動物に全身麻酔がかかった状態で人間と同じように厳密に心電図等のモニターで身体に異常がないか見る機械です。


麻酔器

手術中はガス麻酔を使用するので、ガス麻酔を発生させる装置と酸素を送る装置がついています。
当院の麻酔器にはベンチレーターという呼吸を補助する装置がついています。


超音波スケーラー

わんちゃん・ねこちゃんについた歯石を迅速にとるための機械です。
ハンドスケーラーよりかなり早く、正確に歯石を取ることができます。


オートクレイブ

手術で使用する医療器具やドレープ(医療用の布)等を滅菌する装置です。
高温(132度)で行うので細菌等を死滅することが出来ます。


電気メス

手術時、出血を迅速に止めてくれる医療機器になります。
これを使用することにより手術時間を短縮できます。


3M体温管理装置

温風を特殊なマットに送ることにより麻酔中に起きる体温低下(低体温)を防ぎます。
これにより麻酔の覚醒時間が短縮し患者さんの負担を減らします。


酸素濃縮器

酸素濃縮器を使用することで、肺炎や肺水腫などの呼吸が苦しくなる病気の場合濃縮した酸素を与え、呼吸を楽にします。


吸引器

手術時の腹腔内出血などで迅速に吸引を行うための機器になります。
また、腹水や胸水を抜去する時にも使用することがあります。


輸液ポンプ

入院や手術時、持続的に一定量で静脈から点滴を入れるときに使用します。
当院では入院や手術が重なっても使用できるように10台所有しています。
また、当院の輸液ポンプは輸血にも使用できます。


輸血

当院では犬に関しては輸血体制を整えております。
万が一重度の貧血や緊急の脾臓破裂などによる腹腔内出血も迅速に輸血を行うことが出来ます。


血液凝固検査装置 COAG 2NV

院内で短時間に血液の凝固障害の確認が行えるようになりました。手術前に使用することが多いです。


血液ガス分析装置 GASTAT navi

血液中の酸素濃度を測定する機器になります。これにより血液からも呼吸状態の確認が取れます。


動物用心電計 D320

心臓の検査として重要な機器です。心臓の電気的な動きを見ることにより不整脈を早期に発見することができます。



クリニック概要

読み込み中…

とも動物病院

〒220-0071 神奈川県横浜市西区浅間台1-9

TEL:045-314-3710

診療時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:木曜・日曜午後・祝日午後

駐車場について


Menu
診療内容
ワクチン
ワクチン
フィラリア症
ノミ・ダニ感染症
一般内科
一般外科
循環器
腫瘍
院内紹介
設備紹介
スタッフ紹介
トリミング
ペットホテル
ブログ

DVMsどうぶつ医療センター横浜(夜間休憩時はこちらへ)

アイペットペット保険対応動物病院

アイペット

患者の気持ち