専門医診療について

近年、獣医診療技術の進歩により難治性の疾患に関しても専門医が治療することで改善することが増えてきました。当院においても困難な症例に対して各分野の専門医を招聘して対応していきたいと思います。現在は、循環器、皮膚、麻酔専門医を招聘しています。

皮膚科専門医

2017年1月より、第3週の木曜日に皮膚科専門医診療を開始します。
完全予約制になりますので電話での予約後来院ください。
専門医診療につき診察および検査料が異なりますのでご了承下さい。

初診料 8,000円
再診料 4,000円
皮膚検査 2,000円~

内服薬や外用薬、シャンプー剤などの金額は変わりません。


島崎 洋太郎 (しまざき ようたろう)
Vet Derm Tokyo所属皮膚科医
帝京科学科学大学 非常勤講師
担当獣医師


【経歴】

酪農学園大学卒業
都内動物病院勤務
東京農工大学動物医療センター 全科研修医
東京農工大学動物医療センター 皮膚科研修医

専門医診療


循環器アドバイザー(循環器内科外科)

院長が循環器疾患診療を行っていますが困難な症例等は循環器専門医にアドバイスを頂いたり不定期ですが来てもらい検査、診断および治療を行ってもらうこともあります。


鈴木 周二
日本獣医生命科学大学付属動物医療センター 助教


【経歴】

平成22年3月
東京農工大学農学部獣医学科卒業
平成22年4月
岐阜大学大学院連合獣医学研究科入学(臨床獣医学専攻)
犬猫の循環器病学および軟部外科学の研究を行う
同学附属動物医療センター循環器科・一般外科で診療に従事
平成25年3月
岐阜大学大学院連合獣医学研究科卒業
平成25年4月
コジマ亀戸動物病院勤務
平成25年7月
北海道大学大学院獣医学研究科附属動物病院 特任助教
平成26年5月
日本獣医生命科学大学付属動物医療センター 助手
平成29年4月
日本獣医生命科学大学付属動物医療センター 助教

軟部外科を担当し、自身の専門である循環器外科の診療に従事


【業績】

●翻訳書

獣医臨床 超音波診断-心エコー検査による循環器疾患の理解-田中綾監訳
共訳者 鈴木周二 第5章 後天性弁膜症:p266-333 株式会社インターズー
著書

●著書

肺高血圧症に挑む
Infovets :No.155:pp17-21株式会社アニマル・メディア社 2011年12月
ピモベンダン投与による僧帽弁閉鎖不全症犬の左心房圧の変化
J-vet :pp61-68株式会社インターズー 2012年5月
組織ドプラ法を利用した左心房圧の推定
Veterinary Circulation :No.1:pp62-67株式会社インターズー 2012年1月


●学術論文

Suzuki S, Ishikawa T, Hamabe L, Aytemiz D, Huai-Che H, Fukushima R, Machida N, Tanaka R. The effect of furosemide on left atrial pressure in dogs with mitral valve regurgitation.
Journal of Veterinary Internal Medicine. Mar-Apr;25(2):244-50. 2011
Suzuki S, Ishikawa T, Hamabe L, Aytemiz D, Huai-Che H, Fukushima R, Machida N, Tanaka R. The effect of pimobendan on left atrial pressure in dogs with mitral valve regurgitation.
Journal of Veterinary Internal Medicine. Nov-Dec;25(6):1328-33. 2011
Suzuki S, Fukushima R, Ishikawa T, Yamamoto Y, Hamabe L, Kim S, Yoshiyuki R, Machida N, Tanaka R. Comparative effects of amlodipine and benazepril on left atrial pressure dogs with experimentally-induced mitral valve regurgitation. BMC Veterinary Research. Sep 18;8:166. 2012

【資格】

獣医学博士(2012年度学位取得)
博士論文「非拘束下左心房圧測定法を使用した犬僧帽弁閉鎖不全における治療効果と病態評価の検討」
獣医循環器学会認定医

【所属学会】

日本獣医循環器学会 (認定委員、編集委員)
日本獣医麻酔外科学会


麻酔専門医

当院では獣医師による麻酔管理を行っておりますが、重症で麻酔リスクが高いと判断される場合は麻酔専門医に麻酔の管理をお願いしています。また、当院でのスタッフへの麻酔の指導等も行ってもらいます。


長濱 正太郎
日本動物麻酔科医協会 代表理事
岐阜大学 客員臨床准教授


【所属学会】

日本獣医麻酔外科学会
日本麻酔科学会
日本区域麻酔学会
日本獣医学会

【経歴】

2002年3月
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 卒業
2006年3月
東京大学 大学院農学生命科学研究科 獣医学専攻博士課程 修了
2006年4月〜2012年5月
東京大学 附属動物医療センター(教務補佐員および特任助教)
2012年6月〜2013年8月
日本動物高度医療センター 麻酔科
2013年9月~2016年7月
VAS 代表
2015年10月〜現在
岐阜大学 客員臨床准教授
2016年7月~現在
日本動物麻酔科医協会 代表理事

クリニック概要

とも動物病院

〒220-0071 神奈川県横浜市西区浅間台1-9

TEL:045-314-3710

診療時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:木曜・日曜午後・祝日午後

駐車場について


Menu
診療内容
ワクチン
ワクチン
フィラリア症
ノミ・ダニ感染症
一般内科
一般外科
循環器
腫瘍
院内紹介
設備紹介
スタッフ紹介
トリミング
ペットホテル
ブログ

DVMsどうぶつ医療センター横浜(夜間休憩時はこちらへ)

アイペットペット保険対応動物病院

アイペット

患者の気持ち